読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飯村が大賀

看護師の不足は社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。所以としては、看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。看護師による医師の補助行為が認められ、看護師にかかる負担が増え、労働時間も長くなりますから、休みを取ることも難しいのが現状です。あるいは、夜勤で働きながらコドモを育てる事が難しいとして、辞める道を選ぶ人も多いのです。
看護師として外科で働く際の良い部分と、悪い部分について分かっておく必要があります。



まず第一に、術前の患者や手術が終わった後の患者の看護をとおして、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。

良くない面を挙げると、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長い間落ち着いて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。あなたは「看護師」と聴くとどのような印象を受けますか?別名「白衣の天使」ということからも一般的には印象良くとらえているという方が多いでしょう。ただ、看護師がどのように働いているかを考慮してみると、給料としてはすごく貰えてはいるようですが、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。たしかにいい点持たくさんありますが、それだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。

看護師というシゴトに就いている方の中では、毎日の勤務時間がばらばらであり、キツいシゴトだということも原因となり、看護師以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、実は看護師の資格というものは、ちがう職種の現場においても有利な方向に働くことが多いでしょう。

いくつか例を挙げるならば、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、保育関係やリラクゼーションサロン等といったシゴトでは、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。

職場を変わられるときには看護師のみなさんも履歴書が必要なのですが、気を付けなければならないことがあります。

何に気を付けるべ聴かと言いますと、特に履歴書の中の志望動機をどのように記入するかです。



どうするのが良いかというと、雇用条件(ビジネスの際には特によく確認することが大切になるかもしれません)や労働環境の良さを志望所以とするのではなくて、技術や知識を学べるといった所以や今までやってきたことを活かすことが出来沿うだというような所以など前むきな印象を受ける内容が適すると思います。


今日のところ、日本ではインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。
けれども、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。



勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、あわせて、国家試験対策をしなければならず、大変シビアであるようです。

ほとんどの病院では、看護師長の主なシゴト内容は、各病棟のとりまとめや、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、一般的には課長の役職に近いと言えます。課長職につく人物の収入が大企業と中小企業で変わることから分かるように、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。

または、公立と民間、地域によっても差があって、ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、750万円位だと言われているようです。
昔から、看護師は高収入だというイメージが強いです。

もちろん、病院では責任(きちんと取れるのが社会人であり、大人であるといえるかもしれません)のあるシゴトを任されることもありますし、夜勤が必須になるなどハードな職業ですが、実際の年収にのみ注目するのなんだったら、他の業種の収入にくらべると平均して高水準を続けられることが目たちます。景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。

こうした安定性と給与の高さから見ると、魅力のある職業だと言えます。
http://ientgeeeamisktjhhnevht.hatenablog.com/